2018年11月5日月曜日

今までの食べ歩きカレーMAP!!



※googleマップで見る場合はこちらをクリック!

北海道 札幌 豊水すすきの「スープカリー イエロー」じっくり煮込んだラム肉とBlueHerbのカリー(トッピング ベーコンステーキ)

 2018年10月31日。

 映画「バーフバリ 伝説誕生 完全版」を観る前に底を入れるべくこちらのお店へ。



 結構な有名店だけど初めて。夕方、早い時間だったからかそんなに混んでない。

 落ち着いた照明の店内、壁にレコードジャケットなんて飾ったりしてあってシャレオツ。
 パフュームのLP盤があり、車で今「Future Pop」をヘビロテしているわたくしとしましては少しテンションが上がる。



 メニューを閲するとここのスープは高圧釜を使って鶏ガラ、豚骨などを煮込んでとっているとのこと。
 ラム肉のスープカレーにベーコンをトッピングと注文し、バーフバリに思いを馳せつつ待つこと数分。

 やって来ました!





 白濁したスープ。濃厚でクリーミー。かといってくどくはない、角もない優しい味。
 そこにスパイスが香る。
 深い味わい。どこかあっさり目の豚骨ラーメンとも通ずる印象。

 何ていうかインド人が作るカレーとは全く別の食べ物。まさにTHEスープカレー。
 ホント、カレーって作る人によって千差万別よね。



 ホロホロっと柔らかく煮込まれたラム肉も旨い。トッピングした厚切りのベーコンも旨い。だって男のコだもん。やっぱり肉が好き。
 薬味に乗ってる大葉、ミョウガもいい感じ。香味野菜ってカレーに合うのよね。春菊とか三つ葉とかも今度自分で使ってみよう!などと思いつつ匙が止まらない。



 飲み干しても重たくないスープ。無理矢理においしくしているカレーだとこうはいかぬ。身体は正直ってやつです。うまいなー。






 有名店って行ったことなくっても評判は聞こえてきて、それで行ったような気持になってしまって結果まだ行ってないところがいっぱいある。よくない。行かねば。



 おいしいカレーにエネルギーをもらいお店を後に、わたくしは王を讃えるべく映画館へと向かった。もしかしたらこれが今年最後の映画かな?バーフバリに始まりバーフバリに終わったわたくしの今年の映画でございました。

 カレーはまだ食べに行くよ。年内にあと何店行けるかしら?

2018年11月4日日曜日

カレー創作「玉ネギ、ニンジン、ジャガイモ、チキンのスパイスカレー」

 手前味噌でナンですが、先日作ったこのカレーが家族にすこぶる評判が良く(カレールーを使わないで作ったカレーって往々にして子供に受けが悪いものですが、そんなこともなく)自分としてもかなりおいしいカレーが作れた!と、ちょっとした自信を持てるような成功体験で、ここはひとつその感覚を忘れない内に身につけてこましたろ、とスタンダードなカレーを作ろうと思い立ち、やはり日本のカレーライスの王道の、玉ネギ、ニンジン、ジャガイモが入ったカレーを、カレールーを使わないで作ってもうたろかしら、と奮い立ったわたくし。男の中の男。


 そんでもってカレーを作るにあたり、手の内を晒すようで抵抗があり今までブログでは公開してこなかった、レシピの細かい分量、そしてかかったお金なども、今回から書いていこうと思う。手の内晒すことによりもしや何か反響が貰えるやも知れぬし、何より自分のカレー作りを見つめ直すということにもなるだろうし、そういうの勿体振ったって得がないのよね、と考えが至ったわたくし、もうすぐ四十路。不惑。ダンディズム。


 という訳で、まずは今回使った材料とその分量でございます。





「玉ネギ、ニンジン、ジャガイモ、チキンのスパイスカレー」(8皿分)


2018年10月23日火曜日

北海道 岩内「ささや食堂」うにカレー

 2018年10月15日。

 妻子と共に2泊3日のドライブ旅行。



 ずーっと北海道に暮らしてはいるけれど、未だ行ったことのない市町村というのはいくらでもあって改めて北海道はデッカイどう!だなんて口をついたりもしつつ今回巡ったのは、札幌から小樽、余市、積丹半島をぐるりと回って、その先の島牧村のモッタ海岸温泉まで。



 途中、岩内町の道の駅の近くで昼食にするべえとうろついてたら目に入ったのがこちらのお店。
 店頭の幟に書かれた「えび天ぷらラーメン」の文字に心誘われて中に入って、品書きを閲すると見逃せない一品が!

 「ウニカレー」だとぅ?!攻めやがりますなぁ!
 岩内は今、ウニの漁期じゃないのは分かっているけれど、これは頼まねばなるまいて!

 えび天ラーメンは妻のを少し分けて貰うことにして、待つこと数分。やって来ました!
 そうか!お前がウニカレーか!!





 オーソドックスなカレーの具にウニが入っている。ひと匙パクリ。



 …うまい。



 ウニがどうこうというより、単純にカレーがうまい。
 ちょっと甘味があって万人受けする味付けながらも、あとからやってくる結構なスパイシーさ。

 具としてウニも勿論おいしいけど、あってもなくてもどっちでもいいくらい(←失礼!)カレーがうまい!



 妻のえび天ラーメンもつまみ食いすると、えび天の衣にあっさり塩味のスープが染みて超うまい!

 うまいうまいと連呼しながらスープを飲み干さんばかりにレンゲを口に運びつつ、店内を色々眺めていると、どうやらこちらは元々はお蕎麦屋さんで、その出汁をラーメンスープに使っているということらしい。納得!だからラーメンもカレーもうまいのね!



 普段はカレー屋に食べ歩きに行くことが多いけど、こういういわゆる食堂で出すカレーも大好き!

 この近辺でご飯食べるなら今度からはここだな!と心に決めつつ、車を出した。





 余談ですが、その先通った寿都、島牧の海岸線は、ちょっと息を呑んでしまうぐらいキレイでした。夕陽がちょうど海を照らしてね。

 北海道にもまだまだ知らないところがたくさんあるなあ!

2018年10月21日日曜日

創作カレー「豆とラム肉のカレー」

 先日こちらのお店で食べたカレーがあまりに美味しくてカレー作りたい欲に火が点きスパイスを買いに行ったのだが、昨今は本格的なカレーを作りたいという人が増えているのだろうか、以前では売ってなかったようなスパイス、食材を目にし狂喜。

 あんまり大きな声で言いたかないけど、ホールのフェヌグリーク、オールスパイス、ムング豆をはじめて手にした。
 何だかんだ言って札幌は田舎なので、本格的なスパイスが売っているお店って少ないのです。…ってわたくしが知らないだけ?



 奇を衒ったんじゃないカレーを作ろうと、具材は豆とラム肉にしました。
 北海道だもんで羊肉には事欠かないだよ。
 まずは豆を水で戻します。

2018年10月9日火曜日

北海道 札幌「本格インドカレーの館 SPICE」大先輩セット(カレー3種盛り合わせセット)

 2018年9月22日。



 仕事帰り、友人とカレーを食べる約束をし、さてどこにするべえとスマホで検索。

 すると引っ掛かったこちらのお店。
 ナンも出すいわゆるインドカレーのお店のようだが、触れ込みは「無化調カレー」とのこと。
 まあカレーに限らず料理は大体そうだけど、化学調味料使った方が手軽に美味しくなるのよね。

 化学調味料なしで美味しくすんのって手間もかかるし技術もいるし、「無化調」って謳えば聞こえはいいけどだからと言って必ずしも美味しいものが出てくる訳でもなくって云々…と我ながら厭味ったらしく思いながら、ま、一度行ってみまショ、と友人と連れ立ってお店へ行きカレーをひと匙食べてあまりの美味しさに切腹したくなった。生意気言ってスンマセンでしたぁッ!!!!





 僕が注文した「大先輩セット」は、バターチキン、サグチキンと、日替わり(この日はブリのカレーでした)の3種のカレーに、ナンとサフランライスまでついてくるというとことんカレーを堪能し尽くせるセットで、すげーなー。同じカレーなのに3種類ちゃんと味が違って、それぞれどれもベラボウにうまいって、信じられない。これは嘘なのではないか。実はもう俺は今わの際で、最後に目茶苦茶うまいカレーを食べてるって都合のいい夢(しかしつつましい夢だなあ…)を見ているだけなんじゃないか、などと疑いたくなってしまうが、目の前には確かにカレーがある。温かいナンもある。俺は生きてる…!生きているからカレーも食べられる…!



 どのカレーも、素朴って表現しちゃいたくなるほど余計な味がせず、それでいて素材が活きた深い味わいで、一体どうやったらこういうカレーが作れんだ??と食べてる間中、頭の中がハテナだらけ。純粋に味わえ。



 カレーっておっさん(俺もだ)が休日の趣味に適当に作ってもそれなりに美味しいモンが出来てついつい「俺もいつか店出しちゃおうかな??」なんて勘違いしちゃいがちだけど(そして意外とその延長線上のお店って多いけど)こういう本当に料理の上手な人が作る圧倒的に旨いカレー食べると思い知るね。カレー道の、料理の道の果てしなさを。





 俺もこんなおいしいカレーを作れるようになりたい!まだまだいっぱい食べていっぱい作らねば!と、この店行った次の日についついスパイス買い込んじゃったよ。
 カレーモチベーションが爆上がりするお店。また行きます。

2018年10月2日火曜日

北海道 札幌「村上カレー店 プルプル」チキン・ベジタブルカレー(トッピング、トルカリ、ほうれん草のサブジ)

 2018年9月20日。



 映画「マガディーラ 勇者転生」を観に行く前に底を入れようと、こちらのお店へ。
 やはりインド映画を観る前にはカレーだ。



 札幌大通りの繁華なところから一本離れたビルの地下にあるこちらのお店。
 レゲエの流れる少々怪しげな店内にテンションが上がる。
 やはりカレー店って雰囲気大事よね。



 メニューを閲するとあんまり他のお店では見ないようなものがずらり。
 カレーもそうだけど、トッピングも色々あって目移りしちゃう。

 迷ったが初めてのお店なので、カレーは一番ポピュラーであろうチキン・ベジタブルにして、トッピングにほうれん草のサブジと、トルカリ(ジャガイモとマスタードと野菜の炒め物)をチョイス。
 こうやってサブジが食べられるのって嬉しい。カレーが食事として一段豪華になる感じがする。



 店内をキョロキョロ眺めたり、メニューを表から見たり裏返したりしていると遂にやってきた一皿。

 こっ…これがカレーとサブジなのかーッ?!(そうだよ)





 余計なものがドカドカ入っていないシンプルなスープ。

 旨い。身体に染み込む。こんなの食べてたら、わたしっ、けっ…健康になっちゃう…!!



 ご飯に添えられたサブジも旨い。これだけでライスを平らげそうになるのをこらえて、スープとサブジとライスの三角食い。
 行儀が悪いが食べながらメニューを眺め、今回注文しなかったトッピングに思いを馳せる。どれもこれも食べてみたい!

 こ…この店、まだまだ底が見えぬ…!また来なければ…!!





 満腹満足してお店を出ると自分からスパイスが香ってる…(※褒め言葉)



 カレー臭を引き連れてインド映画観劇へ!
 「マガディーラ 勇者転生」も最高の映画だった!

 未見の方は絶対に映画館で観るべき!何だか今年は映画の当たり年よね。
 カレーを食べて映画館へ行こう!