2018年2月18日日曜日

北海道 札幌 地下鉄東西線 二十四軒駅「一庵」とんかつカレー南蛮&ライス



場外市場の一角にあるおそば屋さん。

とんかつオンザカレー南蛮。

とろみがついた熱々の汁がしみたとんかつの衣でライスが進む進む!
椎茸がきいてて旨い!
寒い日は一味をたっぷり振って、身体を中から温めます。

2018年2月8日木曜日

北海道 札幌 JR桑園駅「HIGUMA」ベーコンキャベツカレー(トッピング チキン)

 2017年11月30日。
 去年の暮れに食べに行きました。アップ遅っ!
 仕事で棚卸しで帰りが遅くなるから晩飯どっかで食べてくるから、用意しなくっていいよ。先に寝てな。…と、妻を気遣うふりして一人スープカレーを食べに行く外道なわたくし。乳幼児連れじゃカレー店って行きづらいから、何とかチャンスを作ろうと必死なのです。
 この機を逃さず、厚切りベーコンの乗ったカレーにチキンをトッピング。
 肉×肉。
 そしてビール。
 …だって男のコだモン☆
 ここのお店は八百屋さんがやっているカレー屋さんとのことなので、デフォルトでわんさと野菜が乗っておるのです。嬉しい!こうガッツリ来られるとテンション上がって、こっちの胃袋も迎え撃つ態勢が出来るってもんで。
 今度はまた更に、もうひと肉、いきたいぜ…。

北海道 札幌 JR苗穂駅「紅燈籠アリオ札幌店」中華カレー


2017年11月27日。
仕事が休みの日。
上の子が幼稚園に行ってる内にクリスマスプレゼントを買いに出掛けるついでに、普段、上の子連れじゃあんまり食べられないモノを食べたいという欲求のもと(上の子(4歳)は我ら夫婦が食べてるものを与えないとごねだすが、下の子(1歳)は取りあえず何か食べられるものを与えておけば文句はない)辛い中華が食べたい!!と入店。
わたくしの入店前の何となく食べたいもののイメージは「麻辣麺食べたいなぁ…」だったのだが、メニューに中華カレーを発見してしまった。
中華カレー初体験。
これはカレーじゃないね。
カレー味のあんかけご飯。
あんだからいつまでも冷めずにアッツアツ。煮込んでないから野菜がシャッキシャキ。
カレーとは別の食べ物としておいしい。
半分くらい食べたところで、ラー油と酢を足して、酸辣湯風にしてもおいしかった。
カレーも中華も、何でもありの懐深い料理だから、どんなアレンジもドンと来いッスなぁ。

北海道 札幌 地下鉄東西線 二十四軒駅「咖哩屋梵」ビーフカレー(トッピング キノコハーフ&ホウレン草ハーフ)

2017年11月24日

またまた「咖哩屋梵」にて今度はビーフカレー。
自分じゃビーフカレーって作らないけど(大変だから)コクのある濃厚な味もやっぱ旨い。
ビーフカレーはお店で食べるのが一番ですね。

ここのお店はトッピングをハーフサイズでも選べるので嬉しい!
ビーフカレーにはやっぱキノコでしょう!

北海道札幌 地下鉄東西線 二十四軒駅「咖哩屋梵」チキンカレー


2017年11月18日
北海道は札幌、地下鉄東西線の二十四軒駅から歩いてすぐの「咖哩屋梵」にてチキンカレー。
この店はビーフ、ポーク、チキンカレーがあるが、まずは迷わずチキンカレー。
チキンこそカレーの王道かと存じます。
トマトがきいたスパイシーなカレー。旨し。
札幌は今やスープカレーの店の方が多いけど、
ルーカレーはチャッチャと食べられて気軽でいいね。
蓋しカレーは飲み物です。

「S&B SPICE RESORT 南インド風チキンカレー ケララカレー 手作りカレーセット」を作る

 先日、普段は行かないスーパーマーケットに行ったところ、見たことのない商品を発見した。

 「S&B SPICE RESORT 南インド風チキンカレー ケララカレー 手作りカレーセット」なるこの商品、どうやらスパイスとカレールーがセットになっているもののようで、休日だけ料理をする男子の、ちょっと手を掛けてカレーを作りたいという欲望を刺激するというような狙いのもとに作られたのであろう。
 手間のかかるカレーを作る、その体験を提供することが商品価値になり、一般的なカレールーより値の張るこのカレーセットが売れるという寸法か。
 そんなことをいうわたくし自身も、このカレーセットのレシピに出来るだけ忠実にカレーを作り、何か自分のカレー作りの参考に出来はしないか発見したい、という欲望が胸中に叢雲の如く湧き上がり、気付けばレジにて代金を支払っていた。
 まっこと企業のマーケティング、その慧眼というものは恐ろしいものである。
 という訳で「S&B SPICE RESORT 南インド風チキンカレー ケララカレー 手作りカレーセット」を作りましたので、その模様を写真を交えてお届けしようと思います。

「AIR SPICE」の「基本のチキンカレーセット」作りました!

 僕がカレールーを使わずスパイスだけでカレーを作るようになって数年。
 はじめは料理しながら合間合間にレシピ本を読み読み鍋を振り、妻には不評だった僕のカレーだが、ここ最近はそれなりに美味しくできるようになり、色々と自分なりのアレンジ方法も出来上がってきて、こういっちゃ何だがカレーに関してちょっとした自信もついてきた折り、僕のスパイスカレーの入門書「 はじめてのスパイスカレー」の著者である水野仁輔さんのサイト「AIR SPICE」で「基本のチキンカレーセット」というスパイスの詰め合わせ(+レシピ)を通販で買ってみようと思い立った。
 「基本のチキンカレーセット」という名前がよかった。
 ひとつ基本に立ち返って、自分のカレーの作り方を見直して、よりおいしいカレーを作れるようになりたい!
 そう思い注文して、先日「基本のチキンカレーセット」が届いたので、休日たる本日、いよいよカレーを作ってこましたろ。と、食材を買い出しに。
 心の片隅には「水野仁輔さんのレシピと成長したワシのレシピ…。一体どっちがおいしかろうか…ひとつ試してやろうかの…クックックッ…」という邪な気持ちも多少持ちつつ、出来るだけレシピに忠実に作れるように野菜、肉などは事前に切って用意して、材料の分量などもきちんと計り、昼食のカレー作りに臨みました。
 これからその模様を写真を交えつつお届けしようと思います。